So-net無料ブログ作成
検索選択

金スマ 美味しい『からあげ』レシピ。ザンギとは? [グルメ・料理]

金スマ 美味しい『からあげ』レシピ。ザンギとは?


【スポンサードリンク





11月15日(金)に放映された、金スマ(中居正広の金曜日のスマたちへ)
では、全国の『からあげ』有名店が取り上げられ、
美味しいからあげを作る秘訣も紹介されました。


~紹介された「からあげ」店の一部~

◆「三笠会館」(銀座)・・・・上品な醤油ベースのからあげ。
               揚げる前に、粉をはたいて落とすことが大切。


◆からあげ「縁(ゆかり)」・・・・1日1000個売り上げる。丸い形状のからあげ。
                   鶏肉にある程度火が通ったら、空気に触れさせ
                   ながら揚げる。外が「カラッ」と仕上がる。

◆「金のとりから」・・・・衣は「パン粉」のみ使用で「サクサク」。
              スティック状の形状でスナック感覚で楽しめる。
              トッピングも多数あり。

◆「とりあん」・・・・全国30店舗で日本一の店舗数を展開。
           甘いニンニクのしょうゆ味。
           「リンゴ」「タマネギ」の入ったタレで漬け込む。

◆「もり山」・・・・からあげブームの火付け役。関東初のからあげ専門店。
          塩ダレからあげ。パインジュースで漬け込み甘味アップさせる。

◆博多「努努鷄(ゆめゆめどり)」・・・・冷やして食べる新感覚のからあげ。
                       お取り寄せは1ヶ月待ちらしい。


全国には、様々な有名店がありますね!
仕上げの「形状」や「味付け」も様々。


「金スマ」では独自のレシピも紹介されていました。
レシピを書き記します。



~金スマ流、15分で出来る絶品からあげレシピ~

■鷄もも肉250gを、鶏皮を下にして一口大にカットする。

辛口の焼肉のタレ(大さじ3)と一緒にもみ込み、冷蔵庫で10分置く。

大さじ2杯入れて、もみ込む。(ジューシーな仕上がりになる)

米粉1/4カップ入れ、鷄肉に絡める。(油を吸いにくくし、カラッと仕上がる)

■1度、180℃の油で1分30秒程揚げる。
 2分おき、余熱で中まで火を通す。

■2度目の揚げでカラッと仕上げる。


※ポイントは●焼肉のタレを使う●水を加える●米粉を使う●2度揚げ・・・ですね!

ご家庭で是非試してみてください[exclamation×2]



【スポンサードリンク】






ちなみに、北海道では「からあげ」のことを「ザンギ」と呼びます。
厳密には、ニンニクベースのしょうゆで漬け込んだものを
「ザンギ」と呼ぶなど、諸説ありますが・・・・

中国語で「鷄のからあげ」を意味する言葉「ザーギー(炸鶏)」から
きているとも言われているようです。


北海道のソウルフードである『ザンギ』を、全国へ普及する活動を
行っている非営利団体の「北海道ザンギ連盟」という団体では、

「鷄の揚げた物はみなザンギ」  ザンギ=鷄のからあげ

と広く定義しているようです。





↓ 「北海道ザンギ連盟」オフィシャルサイトはこちら ↓

北海道ザンギ連盟オフィシャルサイト





「からあげ」は今や、ラーメン・カレーライスと並ぶ『国民食』になりましたね!

皆さんは、どんな味付けがお好みですか!?




【スポンサードリンク】








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

関連リンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。